日々の習慣が目標達成へと導く

パソコン 人生論

今日は6時半起床。
旦那さんのお弁当を作って、見送ったらそのまま朝んぽへ。-2℃。
帰ってきたら、ちょっとトレーニングとヨガ、瞑想タイム。
そのあとは、日記書いたり手帳書いたり。

目次

  1. 習慣とは
  2. 1日の習慣を考える
  3. 新しい習慣
  4. 気付いたこと

習慣とは

夜はあまり携帯を見ないようにして、ゆっくり読書するのが習慣になっている。
今読んでいる本にこんなことが書いてあった。

♦︎自分が掲げた目標に集中しすぎないこと

目標がポジティブな変化をもたらすのではなく、毎日の習慣がポジティブな変化をもたらします。それが真実です。

現在の状況に関わらず、本当の変化は、今日、明日、そして毎日行動することから始まります。
毎日習慣にしていることが、あなたを前に進ませ、目標達成へと導くのです。

私たちは、人生で達成したい大きな目標のことは頭から離れませんが、その目標を最終的に達成に導いてくれる【継続的な行動】には、全くといっていいほど、めをむけていないものです。

さあ、本当の自分に戻り幸せになろう

確かに。
わたしも今、達成したい目標があって、それを達成しようと取り組んでいたと思っていた。でも、目標ばかり意識して目標を達成するためのTO DO リストは本当にやっていたんだろうか。

1日の習慣を考える

ここで、1日を振り返ってみた。
最近のわたしのルーティンといえば、夏は一生懸命働き、冬は何もしない。自分の時間だ。
マクラメしたり、本読んだり、旅したり。

わたしの目標は、【人間関係、時間、お金、仕事からの自由】だ。
それを達成すべく、今は人間関係以外の3つを同時に達成しようと取り組んでいる。

だけど、実際毎日自分は何をしているのか考えてみら、大したことをしていないことに気づいた。

びっくり。あんなに、色々やって時間が足りないなーとか思う日もあったのに、大したことをしていない。
なんてこと。

1日の中に目標達成に関係ない、しかも、結構どうでもいいことに時間を使っている。

例えば、起きるのが遅かったり、SNSばかり見ていたり、テレビを見てたり…そんなことに時間を使っていた。

確かにSNSもマクラメ活動には必要なんだけど、必要以上に見すぎている。
本当SNSって不思議。正直、他人の生活をみてどうするんだろうかと思ってしまうのに、身過ぎている自分もいる。

なにこの矛盾。

毎日の習慣にしていることを思い出してみると、やっぱり目標の為の活動は少ししかしていない。
でも、今気づけてよかった。

新しい習慣

それで試しに今日、新しいことを始めてみた。
6時半に起きて7時に散歩。

画像
朝んぽ

朝の空気は、気持ちいい。今日は−2℃。
朝日も綺麗だし、なんだか気分が最高。
約30分の散歩をして帰ってきたら、トレーニング。
今年、外見をガラッと変えたくてトレーニングを始めた。今日は、お尻のトレーニング。

あまりトレーニングは好きじゃないから、短くて続けられそうなメニューにしている。
お気に入りはB-Lifeのまりこ先生。

トレーニングのあとは、そのまままりこ先生のヨガ。
まりこ先生のヨガは3、4年続けている。
ヨガを始めてから、薬を飲んでも歩けなかった生理痛が1ヶ月でなくなった。
もう何年も薬いらず。あとは、調子が良くない時は自分でメンテナンスできるようになった。
トレーニングはあまり好きではないけど、ヨガは好きで続けている。

ヨガの後は、瞑想タイム。
瞑想も好きなんだよなー。なんだろ。何も考えないのが好き。瞑想も何年かやっている。 

で、ジャーナリング。この時間も大好き。毎日毎日手帳とお気に入りのノートにひたすら思ったことや、日記を書いている。

画像
お気に入りのノート
画像
お気りの手帳

で、問題はここから。
いつもならダラダラと携帯を見たりゴロゴロして何かをしながらPCに向かったり、マクラメしたりしていた。

けど、今日はそれをやめた。
今日は、無駄にSNSやテレビ、ゴロゴロタイムはやめて、マクラメの発信に集中し、読書をした。
そして、ブログを書いたり、自分が本当にしたいことをしてみた。

やりたいことに集中したことで、ぎゅっと短時間に収まり、1日の時間が増えた。いつも、以上にまだまだ活動できることを知った。

気付いたこと

これで、どれだけ自分が無駄な時間を過ごしていたかわかった。恐ろしい。
1日でこんなに違うなら1年、5年、10年と経った時の成長と目標達成にかなりの差があるだろう。
本当恐ろしい。

今のタイミングで出会えて良かったな。この本に。
本屋さんに行った時になんか気になって買った本。図書館の本を優先して読んでなかったんだけど、読み始めたら勉強になることばかり。

NYタイムズベストセラーだって。
ぜひ機会があれば読んでみて。
きっと習慣を見直したくなりますよ。

画像
プロフィール
この記事を書いた人
ひかる

旅暮らし8年目。海外10カ国46都道府県を巡る。電子書籍「わたしはわたしを生きていく」「自宅でマクラメワークショップ」出版。
自由に旅をしながら暮らす方法、趣味のマクラメ、暮らしについて記事を書いています。

ひかるをフォローする
人生論
ひかるをフォローする
るん旅
タイトルとURLをコピーしました